しみに効果がある治療

しみに効果がある治療

お肌の悩みは美容皮膚科で解消しよう

  1. Top
  2. しみに効果がある治療

しみに効果がある治療

しみはそのままにしておくとだんだん濃くなっていきます。しみが濃くなってしまうと、しみに効果があると言われているスキンケア商品を使ってもなかなか効果が出ないということもあります。濃くなってしまったしみをなんとか改善したいと思っている人は、美容皮膚科でしみ治療を受けてみてはいかがでしょうか。しみにはいくつかの種類があります。

しみの種類によって治療方法が異なる場合もあるので、まずは医師にしみの状態を診てもらわなければいけません。紫外線の影響で年齢とともに増えてくるしみは、老人性色素斑です。このしみには、メラニン色素に反応するレーザー治療が効果があると言われています。レーザーには、メラニン色素を破壊する力があるので、しみ改善に高い効果を期待することができます。レーザーは、メラニン色素のみに反応するので、周りの皮膚を傷めることがなく、安全に治療を受けることができます。

頬や額に左右対称にできるしみは、肝斑です。肝斑には、レーザートーニングという治療方法があります。肝斑は、ちょっとした刺激で症状が悪化することがあるので、通常のレーザー治療を受けると悪化してしまうことがあります。レーザートーニングは、広範囲に弱いパワーでレーザーをあて、刺激を与えることなく、徐々にメラニンを減らしていくという治療方法です。

また、しみの治療には、ハイドロキノンやトレチノインクリームなどを配合した外用薬やビタミンCなどが配合された内服薬を使っての治療もあります。